ボツリヌス療法と脳梗塞リハビリの併用がもたらす可能性について

リハビリ

横浜市港北区新横浜地区にあります、脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス「Discovery style」施設長の阿部です。

今回は、ボツリヌス治療に着目して記事を書きました。
その経緯は、現在当社または当施設をご利用いただいているお客様の中に、ボツリヌス治療をされている脳梗塞を経験されたお客様が数名おられます。
お客様との脳梗塞リハビリの中で、「注射を打った後は身体は柔らかくなるんだけど、時間が経ってくると、手足が徐々に固くなってくるのが分かるんですよね」と相談されたことがありました。
お客様を評価させていただく中で、筋肉の緊張は以前よりも柔らかい状態を保っていました。ここからは私の経験となってしまいますが、ボツリヌス注射を打っただけでは、効果の持続は難しい印象があり、そこにはリハビリの併用が必要であると思っています。

1.ボツリヌス療法とは?

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を成分とする薬を筋肉内に注射します。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経のはたらきを抑える作用があります。
また、筋肉が緊張し過ぎて手足が動かしにくく、勝手に動いてしまう状態は「痙縮」と呼ばれています。この状態が継続してしまうと、筋肉が固まってしまい、関節の運動が制限されてしまいます。これを「拘縮」と言います。
拘縮は私たちの衣服の着脱や歩行場面などの日常生活に支障が出てしまったり、リハビリを行う際にも支障が出てしまいます。

上記の拘縮した状態を避けるためには、痙縮への対応が必要となります。
そこでボツリヌス療法の登場です。
ボツリヌス療法は、2009年の脳卒中治療ガイドラインの痙縮治療として推奨グレードAとされています。
また、2010年10月より、上肢・下肢の痙縮に対してのリハビリテーションの中で、保険適応となり、1~3割負担でボツリヌス療法を受けることができるようになりました。

2.ボツリヌス療法の効果は?

ボツリヌス療法の効果は下記の項目が挙げられています。
① 手足の筋肉が柔らかくなり、運動がしやすくなる
② 関節が固まってしまうことを予防する
③ 関節の変形を予防する
リハビリが行いやすくなる
⑤ 疼痛軽減、介護負担の軽減 などが挙げられます。

3.治療スケジュールについて

ボツリヌス療法は、注射後2~3日目からゆっくりと効果が出てくるとされています。ボツリヌス注射の効果は個人差があるりますが、通常3~4カ月間持続します。しかし、その後数週間で効果は徐々に消えていってしまいます。よって、年に数回ボツリヌス注射を行う必要性があります。
また、ボツリヌス療法にリハビリを併用させることで、脳梗塞を発症された日から長く経過された方でも、機能改善が得られる可能性があるとされています。
しかし、ボツリヌス療法は絶対的な適応はないとされており、何を目的にボツリヌス療法を行うのか?をしっかりと担当医師と相談する必要があるとされています。

4.ボツリヌス療法とリハビリとの併用についての考察

そもそも、なぜ手足が固くなってしまうのか?の背景を考えることが重要です。
手足が固くなる背景として、一つ考えておかなければならないのは、私たちは動作を行うとき、必ず動いている背景には無意識ですが、バランスを取る必要があります。バランスは体幹を中心とした筋肉で無意識下でコントロールされています。
なので私たちは動作中、バランスのことを気にせず、手足を使って作業に没頭することができるのです。
しかし、脳梗塞を発症してしまうと、このバランスコントロールの制御に支障が起こり、うまく身体のバランスが取れなくなってしまいます。
上記の理由により、代償手段として手を使って何かにしがみついたり、足を使ってつっぱたり、首を使って必死に頭を持ち上げたりなど、不安定な身体のバランスをどうにかコントロールさせなければなりません。この反応が「痙縮」につながり、最終的には「拘縮」につながっていってしまうと私は考えています。

なので、ここでやらなければならないこととして、ボツリヌス療法後の3~4カ月間で、今まで痙縮を作ってしまっていた原因となる背景を少しでも変化させることが重要であると思います。
それは、身体のバランスをコントロールする能力を再学習することです。この過程をボツリヌス療法と併用させることで、新しい身体の動かし方を学び、手足が固くならない運動方法を習慣とすることができる可能性があると思います。

なぜ保険外サービス枠リハビリ?

5.まとめ

今回、ボツリヌス療法リハビリの併用の可能性について私の考えを書いてみました。
私の経験では、脳梗塞リハビリの中で、バランスコントロールに着目したリハビリを行うことで、身体の使い方が変化した方は多くいらっしゃいます。よって、このリハビリを応用することで、ボツリヌス療法がより効果的になるきっかけを作ることができると考えています。
今回の経験から、今後も医学的アプローチとの併用で何ができるのかを探求していきたいと思っています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧