保険外サービスの使い方!

リハビリ

新横浜にあります 脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス 「Discovery style」施設長の阿部です

この保険外サービスの施設を開始して約半年が経過しました
この半年の中で保険外サービスを上手く活用できるには、どうしたらいいのかを考えてきました。
その中の1つとして、お客様に提案した内容が下記の内容です。

先日、当社デイサービスをご利用されている脳卒中を経験されたお客様が、当施設のサービスを受けにお越しくださいました。
一週間のスケジュールの中に、運動を中心としたデイサービスを週三回ご利用されていますが、現状の身体の状態を自分が知ることができ、運動をサポートしてもらえるための個別の時間がもっとあったらいいのにとのことでした。

今回、お客様とお話しさせていただいた内容は、月に一度または二度、現状の身体の状態をしっかり評価してもらう時間を作り、生活動作のチェックをしてもらうことで、自分自身が生活の中で気を付けるポイントや対処方法などの提案をしてもらうことで、違った視点で日常生活を送れるきっかけになるのではないかと説明させていただきました

身体の状況は日によって変わることも多く、動作パターンも身体の状態によって、代償的なパターンを取ることもあります。
そのような時に、現在の自分に見合う動作を提案してもらえる場所があったら、私だったらとても魅力的だと今までの経験から感じたので、今回このような提案をさせていただきました

今後、どのような保険外サービスの使い方が提案できるか分かりませんが、一つ言えることは、個人個人に見合った使い方が自由に提案できるので、いくつも可能性を見い出すメリットがあると感じています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧