手のつっぱりに対する当施設のリハビリ方法のご紹介

リハビリ

横浜市港北区新横浜地区にあります脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス「Discovery style」施設長の阿部です。

最近、お客様から手足のつっぱりに対してどのように脳梗塞リハビリを行っていったらよいのか?というご相談をいただく機会が多くあります。

私の臨床経験と脳梗塞後遺症をお持ちのお客様からお話しを伺った内容を総括すると、脳梗塞を発症した初期は弛緩状態(手足に力が入らない状態)となり、どのように手足を動かしたらよいのか分からない状態となってしまう。その後、経過とともに、徐々に手や肘であれば曲がる傾向が強く、足であればつっぱりが強くなる傾向があります。

当施設では上記のような発症から経過が長い脳梗塞後遺症をお持ちのお客様が多くお越しになります。
その中で特に手のつっぱり対してリハビリを行ってほしいというご希望が多くあります。

本日は、私が当施設で行っている手のつっぱりに対する脳梗塞リハビリについてまとめてみました。

脳梗塞後遺症に対するニーズの高まり

1.手のつっぱりの原因を知る

発症から経過が立つと、筋緊張が亢進してくる傾向が強い方が多いと私は臨床経験を通して思っています。

脳梗塞リハビリのポイントして、手のつっぱりの原因は、つっぱっている手の限局した部位だけではなく、身体の姿勢バランスの状態であったり、心理的な状況に依存してしまう傾向にあるのではないかと考えています。

例を挙げさせていただくと、手指を自己で動かすことはできますが、1回手を握る方向へ曲げてしまうと伸ばすことができず、握った状態になってしまう方や、前記の症状より曲げ伸ばしは可能ですが、自分自身がイメージしている動きよりぎこちない動きをしてしまう、人混みを歩くときに手がつっぱって困っているなど、手のつっぱりに対する日常生活上の悩みを多く聞きます。

ここで手のつっぱりに対しては、以前にもブログで紹介させていただきましたが、安定と運動の関係を意識すると手のつっぱりを少しでも緩和させるきっかけになるのではないかとお客様と脳梗塞リハビリを通して私は実感することができています。

ヒトは手足を自由に動かす(運動)ためには、体幹と呼ばれる胴体の安定性が必要になります。
体幹が安定していないと、手や足を挙げた際に手足の重さに引っ張られ、胴体は倒れてしまうからです。

このことを参考にして、例えば手指を動かす際に手関節に安定を与えてみると、今まで一度握る方向に手指を曲げてしまったら伸ばすことが出来なくなってしまった手指でも、2回から3回曲げ伸ばしが行えたり、ぎこちなかった動きが少しイメージに近づいたなどの結果を得られるようになりました。

手のつっぱりは前記のような身体の安定性が欠けてしまっていることで出現してしまうことが多く、不安定な要素を取り除くことで、動きの幅を広げることができる可能性をお客様とのリハビリアプローチの中で経験しています。

2.ボツリヌス療法との併用

以前にブログ記事で紹介しましたが、手足のつっぱりにはボツリヌス療法が推奨されています。
当施設にもボツリヌス療法を行い、リハビリに通われているお客様はいらっしゃいます。

お客様から伺ったことは、ボトックス注射をしているだけでは、手足のつっぱりを取ることは難しく、ボトックス注射と併用し、適切なリハビリを行うことが大切だと伺いました。

私自身も、筋肉の緊張を調整し、その後適切な動きの学習をする必要性はあると考えており、お客様から伺った内容にとても共感ができました。

よって、今でもボツリヌス療法と脳梗塞リハビリの併用を行うことで、脳梗塞後遺症をお持ちの方々が、手足のつっぱりを少しでも良い方向へサポートできるリハビリアプローチを探求していきたいと思っています。
その中で今回ご紹介させていただいた身体の安定と運動の関係は意識して取り組むヒントとなると私は考えています。

3.まとめ

本日は手のつっぱりについて、簡単ですが私が考えている内容をまとめさせていただきました。

手足のつっぱりは日常生活に支障を起こしてしまう原因にもなってきますので、少しでもサポートできる体制作りをしていく必要性があると考えています。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧