新横浜にある脳梗塞リハビリ施設「Discovery style」の新しい日常生活関連動作(IADL)へのチャレンジ!

リハビリ

  • HOME
  • ブログ
  • リハビリ
  • 新横浜にある脳梗塞リハビリ施設「Discovery style」の新しい日常生活関連動作(IADL)へのチャレンジ!

横浜市港北区新横浜脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス 「Discovery style」施設長の阿部です
今回は、当施設のサービスの特徴の一つでもあります「日常生活コース」についてご紹介したいと思います。

1.日常生活コースを取り入れた背景

私は、一般病院での脳梗塞リハビリや介護保険分野でのリハビリ特化型デイサービスでの機能訓練指導員や、訪問リハビリ業務を経験してきました。
その中で感じたことの一つとして、病院では365日、最大1日3時間のリハビリが受けることができます。しかし、身辺動作の自立が最優先になんることが多く、実際にご自宅に退院した後の、ご自宅内の日常生活の中で、病院でのリハビリの中で経験して来なかった動作を行わなくてはならない場面になった時に、「どうしたらよいか分からなくて、困ったことがある」というコメントをお客様からいただいたことがありました。
また、リハビリ特化型デイサービスや訪問リハビリでは、在宅で実際生活をしているお客様がご利用されますので、実際に直面している課題について検討することはできますが、デイサービスでは実際の環境で動作が確認できなかったり、訪問リハビリでは、時間に制約があり、十分な実践時間が設けられないことを多々経験しました。
両者に対して共通して言えることは、日常生活関連動作(IADL)の実践練習の時間を十分に取ることが難しく、できるのか?できないのか?という疑問を解決できない方々が少なからずいらっしゃると思いました。
私自身も一般病院に勤務していた時代に、実際に散歩のための屋外歩行練習や公共交通機関の練習、買い物などの課題を設定して行いましたが、実践できるのは一度だけの確認であり、その後実践する機会は退院後であり、いきなり本番という形に‼
もちろん病院で実践した環境とも異なるため、実践するには一筋縄ではいかないことが多いとお客様からの体験談を聞いたことも多々あります。

2.日常生活コースを実施するメリット

そこで当施設では、リハビリアプローチの期間中、または単独のコースで日常生活関連動作(IADL)の実践練習を経験できる枠を作っています
もちろんですが、しっかりとした評価を行わせていただいた上で、お客様のお身体の状態に合わせた出来る限り実践練習を経験する機会を多く設け、何が行えて、どういった課題が残っているのかを一緒に考え、その要素を明確にしていきたいと考えています。
「経験」はいろいろなことを私たちを教えてくれます。
当施設では、その「経験」を通して得られる気づきを保険外サービスという枠で、できる限り実感していただきたいと思っています。
現在までも、、
・「バスを利用してご自宅まで帰宅する」
・「エスカレーターの乗り降りをして、買い物をする」
・「実際の散歩コース(新横浜近辺)を歩いてみる」など、日常生活関連動作(IADL)の幅を広げていくために何ができるかという可能性をお客様と一緒に探しています
実際に実践したお客様からは、「病気をしてから初めてやってみたけど、出来るとは思わなかった」「最初は怖い怖いと思って、どうしたらよいか分からなかったけど、何回か練習したら意外と出来るのね」「実際にやっているところに専門家が来てくれて、アドバイスが受けられるといいね。自分たちだけだと変な癖がついちゃうからね」などコメントをいただいています。
また、セラピストに対しても良い情報源となり、実践してみて得られた課題をリハビリアプローチの中で練習することができたり、自主トレや身体のメンテナンスケア方法の提案も具体的にすることができました。
何といってっも、実践し、経験することの最大のメリットは、お客様とセラピスト間で共通した認識が生まれることです。
共通した認識が生まれることで、お互いに一つの課題について意見交換がしやすくなり、互いに感じているギャップを埋めることができます。
このような関係が生まれることで、一つの具体的な目標に向かって、リハビリに取り組むことができると私は考えています。

3.まとめ

今回、新横浜にある脳梗塞リハビリ施設「Discovery style」の新しい日常生活関連動作(IADL)へのチャレンジとして、当施設で実施している「日常生活コース」についてご紹介をさせていただきました。
当施設では、この日常生活を実践する機会として、全身コーディネートコース期間中であったり、日常生活コースという単独のコースをご用意し、実際の生活場面に関する課題の実践を行っております。
サービス内容やご利用料金については下記のURLから当施設のホームページにアクセスいただき、ご覧いただけたら幸いです。

Discovery style(ディスカバリースタイル)のサービス内容・ご利用料金は下記をクリックしてください。\\

https://discoverystyle.jp/course

当施設では、ご利用いただいたお客様の今までの生活スタイルから新しい生活スタイルを発見していただくサポートをさせていただけたらと思っております。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧