新横浜地区からいらっしゃるお客様のリハビリウォーキングコースに同行して得られた脳梗塞リハビリに応用できるヒント

リハビリ

  • HOME
  • ブログ
  • リハビリ
  • 新横浜地区からいらっしゃるお客様のリハビリウォーキングコースに同行して得られた脳梗塞リハビリに応用できるヒント

横浜市港北区新横浜にあります、脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス 「Discovery style」施設長の阿部です

今回は、保険外サービスだからこそ行えた内容を皆さまにお伝えできたらと思います。
その内容は、新横浜地区からいらっしゃるお客様の習慣で、自主トレの一つであるリハビリウォーキングコースに同行させていただき、そこから当施設で行うお客様の脳梗塞リハビリの内容に応用できるヒントが得られたことです。
では、実際の状況をご紹介させていただきます。

1.リハビリウォーキングコースに同行させていただこうと思い立ったきっかけ

「職場近くのスタジアムの外周を歩いて一周したい」という目標をお持ちのお客様がいらっしゃいました
そこで、歩き方のチェックや運動量の確認、アフターフォローなどの提案をさせていただくヒントが得られるのではないかと考え、実際に行っているリハビリウォーキングコースに同行させていただきました

私たちセラピストがお客様と関われる時間が限られており、その時間以外での活動をどのようにマネジメントしていただくかはお客様自身となります。
どのようなことに気をつけるか?このような環境設定をしてみたけど、間違っていないか?など、実際にその場に出向かないと確認できないことが多々あると私は思っています。

そこで、「保険外サービス」という枠を利用して、ご自宅内だけではなく、外での活動チェックを行わせていただきました。

2.実際に同行させていただき、気づいたこと

屋外での活動は屋内とは異なり、天候状態や路面の状況、人込みや車の往来への対応など、刻一刻と環境の変化が起こります。
このような状況に合わせていくために、反復練習も必要ですが、その土台作りも必要で、バランス能力であったり、身体の使い方などの確認をする必要があると感じています。

3.当施設での応用方法の検討

今回の同行させていただいたことで、体力面の確認や歩容のチェック、またはアフターフォローの方法など、お客様へフィードバックする情報を得ることができました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧