麻痺手のリハビリ、半球間抑制について

リハビリ

横浜市港北区新横浜地区にあります脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス 「Discovery style」施設長の阿部です。

近年のさまざまな研究により、脳梗塞後のリハビリに麻痺手を使用する重要性について多くの報告がされています。

先日投稿をさせていただきましたお客様との脳梗塞リハビリの中で得られら経験のブログ中でも、麻痺手の「学習性不使用」について私の考えを書かせていただきましたが、麻痺手に対するリハビリは機能的な側面だけのリハビリではなく、脳機能を理解しお客様自身の生活全体を見据えたリハビリの提案をしていかなければならないとを改めて思いました。

本日はその中で麻痺手の練習と半球間抑制との関係について調べてみた内容をこの場でお伝えできたらと思います。

〇半球間抑制と上肢機能との関係

私たちの大脳は左右の脳梁で隔てられています。
そして左右の脳は相互に抑制し合うことで、各々が有する偏在の正確な起動および制御を可能にしています。

しかし、脳損傷によりいすれか一方の脳の興奮性が低下した場合、この恒常性に不均衡が生じ、大脳半球間のバランスが崩れることで様々な不具合が生じる。

上記のような報告がされているそうです。

では実際に脳損傷によってどのような変化が起きるのでしょうか?

左右半球間の抑制関係は、非損傷側半球である右半球の一次運動野から損傷側半球の一次運動野に対して抑制性の結びつきがより強くなります。

要するに非損傷側から損傷側に対して半球間抑制が大きくなるということです。

よって、脳梗塞後遺症として上肢の運動麻痺が残存されてしまった場合、麻痺手の使用頻度が低下することにより、半球間抑制のバランスが崩れ、非損傷側半球から損傷側半球に対する抑制が強化されている可能性があります。

〇麻痺手に対するリハビリを考える

上記の研究報告から、上肢の運動麻痺に対するリハビリの考え方の一つとして、麻痺手を使用し、学習性不使用をいかに作らないかということが挙げられると私は考えています。

実際に前回ブログの中でご紹介させていただいたお客様も麻痺手の使用頻度が低下している傾向にあり、日常生活の中での麻痺手の機能やパフォーマンスに影響が出ていました。

今回のリハビリでは、一回のリハビリ時間の中でしたが、手の動きの基礎となる体幹コントロールに十分な配慮を行ったうえで、物品を用いて麻痺手を使用する練習を増やしました。

その結果、お客様自身の内観ではリハビリ前と比較して自分のイメージと近い手の動きが出来る時があると感想を伺うことができました。

このように実際のリハビリ場面から研究報告と類似した現象を確認できると、脳機能との結びつきを改めて考えさせられます。

今後もこの一回のリハビリ時間だけではなく、学習性不使用から脱却するための関わりをお客様と一緒に考えていきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧