認知症の理解とセラピストとしての関わり方

リハビリ

横浜市港北区新横浜地区にあります、脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス「Discovery style」施設長の阿部です。
本日は、認知症について考え得る機会がありましたので、私の考えた内容をシェアさせていただけたらと思います。

1.なぜ、認知症について考えるきっかけとなったのか?

現在、認知症はテレビドラマでも取り上げられたり、NHKなどで特集が組まれたりと、医療従事者だけではなく、一般の方にもどのようなご病気なのかを認知されてきていると私は思います。
しかし、このような知識を持っていても、実際に認知症をお持ちの方と関わりを持つ際に、介護がうまくいかないことが多々あると思います。私も一般病院で脳梗塞リハビリを中心としたリハビリをしていた時に、リハビリをしていただきたいのに出来ないといった場面を多々経験しました。
そこで今回は、認知症をどう理解して、関りをもっていったらよいかについて、私が経験したことを通して、まとめていきたいと思います。

2.認知症の2つの症状

認知症の症状は2つに分けることができます。
それは中核症状と周辺症状です。周辺症状は行動・心理症状とも言われ、BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia )と訳されることもあります。

では、この2つの症状を詳細にみていきたいと思います。

まず中核症状は、脳の神経細胞が破壊されることによって、直接起こる症状です。
具体的な症状としては、
①記憶障害
②判断力の障害
③問題解決能力の障害
④物事尾を5論理的に順序立て、実行することが困難となる実行機能障害
⑤時間や場所、人物など、現在自分が置かれている状況を把握することができなくなる見当識障害
⑥失行、失認、失語 があります。
また中核症状は認知症を発症されると誰にでも現れる症状と言われています。

次にBPSD(周辺症状)についてです。
BPSDは、認知症の経過に伴い、周囲の人との関わりの中で起きてくる症状です。
具体的な症状は、暴言や暴力、興奮、抑うつ、不眠、昼夜逆転、幻覚、妄想、せん妄、徘徊、もの取られ妄想、失禁などはいずれもBPSDに分類されます。
またBPSDは、対象者の置かれている環境や、人間関係、性格などが絡み合って起こり、人それぞれ現れ方が異なると言われています。
さらに、介護者が対応に苦慮する多くは、中核症状よりもBPSDであるそうです。

3.認知症を理解するための新しい視点の紹介

認知症は、脳の変化に伴う機能低下によって、認知機能が低下し、中核症状が出現します。この症状により、記憶障害や見当識障害などが現れ、今まで当たり前のように行ってきた日常生活や社会生活が送れなくなります。
中核症状が出現することで、環境に合わせた行動が取れなくなったり、相手とのコミュニケーションがうまく取れなくなったりしてしまいます。このようなことから、BPSDの症状にもありました問題行動であったり、人間関係の問題へと発展していってしまうとのことです。

そこで今回、上記の一般的な認知症の知識を利用して、認知症をお持ちの方とどのように関わりをもっていったらよいかを考えてみました。

そもそも認知症は脳の機能低下により認知機能は低下をしてしまい、中核症状である記憶障害や見当識障害が現れるため、脳の機能低側面から考えると、周囲から取り込んだ多くの情報を脳の中で正確に処理することができないと考えてみてはどうでしょうか?
いわゆる情報過多の状態であり、必要な情報を抽出し、整理することが困難となり、その場に適した行動を選択することが出来ず、その結果、内にこもるように無動となったり、逆に暴力や暴言につながったりとBPSDの症状として現れてしまっていると考えると、認知症をお持ちの方との関わり方が少し変わるのではないでしょうか?

4.新しい視点を導入した関わり方

上記の視点を背景に私が取り組んだ認知症をお持ちの方への関わり方を1つの例として紹介したいと思います。
脳出血を発症されたことにより、脳血管性認知症となった利用者様がいらっしゃいました。リハビリを始めるきっかけとなったのは、徐々に歩くことが難しくなり、ご自宅での介助量が増大し、また日常生活をする上でも介助する際にうまく動いてくれないことが多くなり、介助方法が分からないとご家族からの希望があったことからでした。

そこで考えたのが、中核症状により、これから行うこと(例えばベッドに横になり、おむつ交換をすること等)が十分に理解できていない状況にある中で、介助者のペースで介助をしてしまうことで、恐怖感が起こり、身を固めてしまい(BPSD)、介助がうまくいかなくなっている可能性があると考えました。

関わりとして一番のポイントであったので、恐怖感を与えないように動きをサポートすることです。私が行ったことは、利用者様にこれから行うことを説明したり、目的地を目で確認できる時間を作ったり、介助をする際に動きに合わせて、運動の邪魔にならない誘導をすることを心がけました。

その結果、歩行のみならず、立ち上がりや起居動作などの介助量が軽減しました。
そして、一番の変化は利用者様の笑顔が増えたことでした。

このように、中核症状とBPSDの関係性を意識して、関わることがとても重要ではないかと感じています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
このように、1つ1つの関わりの場面から得られることを、このような機会を通して皆さまとシェアできたらと思っています。

また、この記事を読んで、新横浜地区脳梗塞リハビリ専門 保険外サービス「Discovery style」にご興味・ご関心がございましたら、ぜひ当施設のホームページをご覧いただけたらと思います。

https://discoverystyle.jp/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧