なぜ保険外サービス枠リハビリ?

  • HOME
  • なぜ保険外サービス枠リハビリ?

■なぜ脳梗塞リハビリが必要?

なぜ脳梗塞リハビリが必要?

・脳卒中患者数は現在117万人
・日本では死因の第3位介護になる病気の第1位
・近年では特に脳卒中の中でも脳梗塞が多くの割合を占める
・脳梗塞の後遺症に対するリハビリサービスのニーズは、高齢社会に向けて、今後ますます高まってくる。

■脳梗塞になると…

脳梗塞になると…

・今までの自分とは違う状態
・思った以上に動けず混乱状態。どう動いたらいい?
身体を含めた感覚を失う
• 身体の動きが左右非対称
バランス感覚を失う
• 麻痺した側に力が入らない
脳の活動性が低下,情報処理と理解が不十分に

■施設長が経験して感じた・・・
リハビリ特化型デイサービスの現状

施設長が経験して感じた・・・ リハビリ特化型デイサービスの現状

<<メリット>>
・運動量をこなすことができる
・生活動作の確認・相談ができる
・集団での社会的交流ができる
<<デメリット>>
・マンツーマンでの運動指導はワンポイントで終わる(脳卒中デイでも一人20分がいいところ)
・自分の身体に意識を集中させる環境が創りにくい

■施設長が経験して感じた・・・
訪問看護リハビリの現状

施設長が経験して感じた・・・ 訪問看護リハビリの現状

<<メリット>>
・1時間みっちりと1対1で行える
・実際の生活環境の中でリハビリが行える
・家族との情報交換ができる
<<デメリット>>
・リハビリしやすい環境の不足
・自宅での生活という範囲に限られた目標設定に
・看護の補助業務であり、利用回数に制限がある